そのドアを開けたらゾンビがいる

わかっているんだけどねぇ〜☆

Mini JamboxでLiveAudio機能を使うにはアップデートする必要があるがわかりにくかったのでまとめた。

スポンサーリンク

AmazonのタイムセールでMini Jamboxを5.000円で買いました。

https://www.instagram.com/p/BKNZ6QpgSEn/

Instagram

さっそく届いたMini Jambox(これでJamboxシリーズはコンプリートした)を使い始めましたが、お気に入りの機能「LiveAudio」を使用するにはアップデータをMini Jamboxに適応しなければいけない。

その行程がわかりにくかったのでまとめました。

Jawboneのアカウントを作成したことがない前提で行きます。また、Macでの説明しか出来ませんが、そこはなにとぞ。

 

まずは https://jawbone.com/start#!login に行って新規アカウントを作成してください。

f:id:dubstronica:20160911175631j:plain

 

Jawboneのページにログインしたら「My Devices」ページ https://jawbone.com/devices に行って、Jamboxシリーズ共通のアップデート用アプリケーションをダウンロードします。下の画像のように進んでいきます。

f:id:dubstronica:20160911175724j:plain

「今すぐアップデート」をクリックしてアップデータをダウンロードしインストールします。

f:id:dubstronica:20160911175649j:plain

f:id:dubstronica:20160911175739j:plain

 

次に再び「My Devices」ページ https://jawbone.com/devices で今度はMini Jambox用のアップデートファイルをダウンロードします。マイ デバイスの中の「MINI JAMBOX by Jawbone」を選びます。

f:id:dubstronica:20160911175758j:plain

アップデータには「スタイル」と「言語」ファイルがあります。スタイルは喋る人や口調を、言語ファイルは名前のとおり言語を変更することが出来ます。ここにLiveAudioなどの機能アップデートも含まれているようです。今回はスタイル・言語などはデフォルトのままLiveAudio機能をアップデートしましょう。スタイルの中から「ORIGINAL」を選んでJBZファイルというのをダウンロードします。

f:id:dubstronica:20160911175816j:plain

 

ダウンロードが終わったら先ほどインストールしたJawbone Updaterを起動し、電源をオフにしたMini JamboxをUSBでMacに接続してください。

メニューバーに表示される【J】マークがJawbone Updaterのボタンです。下の画像のように「Update from local JBZ package」を選んでアップデータのインストールを開始します。

f:id:dubstronica:20160911175829j:plain

f:id:dubstronica:20160911175842j:plain

下の画面が表示されればアップデータのインストール完了です。

f:id:dubstronica:20160911175847j:plain

 

アップデータのインストールが完了したら、Mini Jamboxを起動し、「+」と「ー」ボタンを同時に長押ししてみてください。Mini Jamboxが「LiveAudio ON!!!」と喋ってLiveAudio機能がONになりました。

奥行きのあるサウンド・デザインをお楽しみください!

 

その他不明点があれば、サポートページ https://help.jawbone.com/minijambox を参照してみてください。大抵のことは解決するはずです。

 

 

 

【スポンサーリンク】